オーダー枕・マットレス・羽毛布団は新潟県上越市の西川寝具専門店 上越紺太にお任せください。

創業明治6年 オーダー枕&布団と羽毛の仕立て直しの店 上越紺太「快眠生活」眠りから皆様の元気な生活を応援!

東京西川チェーン 眠りの専門店

オーダー枕・マットレス・羽毛布団は新潟県上越市の西川寝具専門店 上越紺太にお任せください。

快眠日記 手足が冷えて寝付けないという方へ 2018/12/09

眠りたいのに眠れない・・・そんなお悩みを持っている方は、手足が冷たくなっていませんか。
実は指先、足先などの末端の冷えは眠りを妨げる大きな原因です。
手足が冷えて寝付けないという方へ 手足が冷えて寝付けないという方へ
人は「深部体温」が下がらないと上手に眠りに入ることができません。深部体温とは体内の中心部分の温度のこと。だいたい夕方5時位に最も高くなり、明け方4時に最も低くなります。深部体温が高くなると人は元気になり、下がるリズムに同調して眠気がやってくるのです。
深部体温を下げるには、手足や体表から熱を放出する必要がありますが、末端や表層が冷えていると血管が開いていないので、体内には熱がこもります。
 
「手足が冷えて眠れない」というのは、実は体の深部の熱が体外に出て行けず、下がらないため眠れない状態なのです。
 
これを解決するには、体を温めることがポイント。というかそれしかありません。「体の中の温度を下げるために体を温めるの!?」と混乱してしまいそうですが、人間の体には、温めることでスムーズな放熱を促し、すっと眠りに入れるキッカケを作りだせます。
 
手足を温めるのに最も効果的なのは、お風呂に浸かることです。38〜40度くらいのぬるめの湯にゆっくり入りましょう。いったん体温が上昇した後、下降へと転じるタイミングが生まれるのでスムーズな入眠へとつながっていきます。
 
お腹から腰まわりの冷えを防ぐことも、手足を温めることにつながりますので腹巻などを使用するのもいいです。腹巻はここ数年、温活グッズとして人気を集めてきています。おしゃれなデザインのものや、シルクなどの素材にこだわったものも登場し、夏でも利用する方が増えています。
 
末端が冷えるのは、運動不足が原因であることが少なくありません。運動をしないでいると血行が悪くなり、老廃物が蓄積されてしまうことが手足の冷えにつながります。また、ほどよく体を疲れさせることは、いい眠りにつながります。体がつくる熱エネルギーの半分以上は筋肉から生み出されますが、一般的に筋肉量が少ない女性は冷えやすいと言われます。
 
普段の生活も見直すことで上手に「温活」し、いい睡眠を手に入れてくださいね
手足が冷えて寝付けないという方へ 手足が冷えて寝付けないという方へ
でも・・・なかなか運動の継続やゆっくりお風呂に入るのは日々忙しくて継続は難しいですよね。
そんな方におススメの敷き布団があります♪ 東京西川のドクターセラ。
一言でいうと温泉に入ったような温かさでとても気持ちいい~。お布団に入った瞬間に、思わずはぁと声がでそうな敷き布団です。手足が冷えて寝付けないという方には体を優しく温めてくれる嬉しいお布団です。
 
特徴は
・厚生労働省の治療器として認可を頂いている敷き布団。
温熱治療で、疲労感・血行不良の緩和、筋肉痛、神経痛の緩和
電位治療で、肩こり、頭痛、不眠症、慢性便秘の緩和されます。
・発売30周年の超ロングセラー、ご愛用者が多くいる安心の実績
・体にやさしい。遠赤外線の熱で体を優しく温めるので、電気毛布のようなお肌の乾燥やのどが渇くといった症状は軽減されています。また電磁波もカットです。
 
東京西川のドクターセラはベッド用、敷き布団用と種類はあります。手足の冷えが気になるという方はお気軽にお電話か下記のフォームよりお問い合わせ下さい。またお近くの方はお店で全種類体験できますので、是非お店に温まりにお越しください。
 
上越地域は雪が降り始め、冬の訪れを感じる季節になりました。これから寒い季節になってなかなか運動も出来なくなって血行も悪くなり、手足の冷えにつながってきますので、こういうお布団を上手に使って「温活」して良い睡眠を手に入れて頂ければと思います。
 
ぐっすり快眠 東京西川チェーンふとん専門店
上越紺太 高田本店 新潟県上越市本町5-3-21
TEL:0120-345-265
上越紺太 ぐっすりん店 上越市西本町3-8-8エルマール2F
TEL:025-520-8354

お知らせ/快眠日記一覧

ページ
ページ

過去のお知らせブログ記事

お問い合わせ・ご相談はこちらへご連絡ください

メールでのお問い合わせはこちら

0120-345-265 TEL:025-525-0026 FAX:025-525-0187 10:00~19:00(水曜定休日)